偏頭痛(片頭痛)の治し方ガイド

偏頭痛に関する基本的な知識から治し方、役立つ情報などをご紹介していきます

偏頭痛外来における治療法とは

誰もが一度は経験したことのある頭痛。単なる頭痛だとか、市販の薬でおさまるから大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、頭痛の頻度やパターンによっては偏頭痛かもしれません。そもそも、偏頭痛とは、字のごとく、片側だけに発生する頭痛が特徴的な症状だと言われていますが、症状は人それぞれです。片側だけのみならず、両方に痛みを感じたり、前触れとして、目の前がチカチカしたりすることもあります。ひどい人では、日常生活に支障をきたしてしまうことだってあります。そんな頭痛ですが、何かを受診したらいいのかと思いますよね。最近では、偏頭痛外来という診療科が増えてきています。
偏頭痛の原因は、脳の血管が拡張するときに炎症を伴うため、それが痛みや吐き気などの症状として現れます。偏頭痛外来での治療法としては、頭痛の痛みを早く和らげる頓挫療法と、頭痛を起こりにくくする予防療法の2種類があります。前者では、イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マグサルト、アマージの5種類の中から使われることが多いです。この5種類は、人によって相性が変わるため、実際に飲んでみないと効果があるかどうかわからないともあるので、先生と相談しながら治療していくことが大切ですね。それ以外には、症状に応じて、鎮痛薬などを増やしたりすることもあります。後者では、カルシウム拮抗薬などを用いて、血管の広がりを抑えるような治療法を行っていきます。また、漢方薬を予防で使う治療法もあったりもします。偏頭痛になったからといって、ずっと薬を服用しなければならないわけではありません。その時の症状に合わせて薬を減らすことができます。
偏頭痛は時には他の病気を起こしたりすることもあります。頭痛が頻繁に起こる人は、一度は偏頭痛外来を受診してみて下さい。また、偏頭痛外来は病院によっては、ペインクリニックという診療科で診察しているところもあります。